パチンコ専用端末ポケロボ【VR-50MⅡ:ダイコク電機】

昔、パチンコ屋で遊ぶときのために使用する専用端末でポケロボというのが存在しました。

機種名がVR-50MⅡとうものでパチンコ店のロボターミナルという機械と通信してパチンコ台のデータを受信するものです。

ポケロボVR-50MⅡ

VR-50MⅡはパチンコを楽しむ人の為に造られた専用端末ですが、形状や機能からその目的に特化したPDAと言って良いでしょう。

VR-50MⅡの正面

正面から見たVR-50MⅡ

液晶カバーを閉じたVR-50MⅡ

カバーを閉じたところ

赤外線ポート

赤外線ポートを登載

側面のカードスロット

拡張用カードスロットと電池ケース

ポケロボVR-50MⅡに見るように、この時代の情報端末の特徴は赤外線を搭載していることでしょう。

当時はこのようなガジェット類の他にもノートパソコンなんかにも赤外線ポートが搭載されていたのを覚えています。

電源には単4電池1本とデータ保存用にボタン電池を使用します。

データロボとの接続

パチンコ店のデータ専用端末であるポケロボは、単体ではデータ活用のメリットがない機器です。

当時パチンコ店の景品カウンター付近に設置されていたデータロボという、データサーバーのような機器からパチンコの台データを受信してパチンコ台の出玉のデータを取得するという使い方でした。

パチンコを楽しむ側としては、このデータに基づき前日、あるいは前々日にこのくらい出している台だから、もしくは出玉が少なかった台だから本日は出るのではないか予測するわけです。

今となっては、私もパチンコなどやりませんしデータロボがパチンコ店にまだ設置してあるとも思えません。

オプションのICカード

VR-50MⅡにはオプションでICカードが存在しましたが、こちらもちゃんと手元に残っていました。

ポケロボ用ICカード

ICカード表側デザイン

ICカードにもボタン電池

ICカードにもデータ保存用バッテリーが必要


情報端末のICカードにしては派手なカラーを用いたデザインです。

この拡張カードを利用することによってデータを保存できるパチンコ台の数又は期間が増やせるとかだと思います。

拡張カードまでしっかり手元に残っているということは、ポケロボに関してはだいぶ入れ込んでいたということが分かります。

今となっては何の役にも立ちそうにない代物というところでしょうか。

ただ、このようにオプションまでしっか揃っているケースは珍しいのではないかなと持ち主として過大評価をしているところです。