本体に液晶とキーボードを配置したCLIE_PEG-TG50

数多くのモデルを世に送り込んだCLIEの中でも特にハードウェアキーボードを意識した設計と思われるのがこのPEG-TG50です。

キーボード搭載CLIEの中では最薄だったと記憶しています。

スリムなケースへキーボードを搭載したTG50

キーボード搭載クリエの多くは折り畳み式のスタイルであり、回転が可能な液晶パネルは独立していて本体側にキーボードを配置しています。

カバーを開いた状態のTG50

それらとは異なり折り畳み機構を持たず、あえて液晶サイズを押さえ本体にキーボードを組み込んだモデルがTG-50でした。

TG50正面

正面から見たTG50

カバーを閉じたTG50

カバーを閉じた状態

本体の上部には各種のLEDランプが格好良く並んでいます。

TG50右側面

右側面はストラップホールとスタイラスペン

TG50左側面

ジョグダイヤルや電源スイッチが配置された左側面

本体の左側にはジョグダイヤルとバックボタン、スライド式の電源ボタンなどが配置されています。

TG50裏面

本体裏にはスピーカーが埋め込まれ、中央付近にはMAGICGATEの文字。

本体下コネクタ部分

本体下にはクリエ共通のHotSync用のインターフェイスコネクタがあります。

アルミ製のカバーの表面は粗めの削りだしのようなデザインですが、このカバーを閉じたときの見た目が高級感を演出していてTG50がビジネス向けのモデルであったことを強調しています。

スポンサーリンク
 

PEG-TG50の仕様

TG-50の主なスペックは次の通り。

  • OS:PalmOS5.0日本語版
  • CPU:XScalePXA250(200MHz)
  • 大きさ:タテ126(mm)×ヨコ71.6(mm)×厚さ16.2(mm)
  • 重量:184(g)
  • メモリー:16MB(RAM)/16MB(ROM)
  • 電源:リチウムイオンポリマーバッテリー

CPUにはNZ90と同じXScalePXA250が採用されているようです。NX73のPXA263とは型番が異なりますが動作周波数は同じ200MHzでした。

なお、カメラ搭載機のNX73はROMが32MBとTG50の倍積まれています。

Bluetooth搭載

PEG-TG50にはBluetooth機能が搭載されているのが大きな売りでした。

TG50の上部

TG50の上部にはメモリースティックスロットの横に、大きなBluetooth用ランプがあります。
今となってはやや大げさな仕様ですね。

当時、個人的にはWifi機能の方を付けて欲しかったと思っていましたが、この世代ではまだ無線LANを本体には内蔵できていません。

Bluetoothを搭載に外部端末との通信機能を強化したことは、TG50がクリエの中でもエンターテイメントよりビジネスを重視した仕様であったと言えるでしょう。

キーボードあり薄型クリエの使用感

このTG50が登場したときに思ったのが、これだけ操作ボタンが多ければスタイラスなしで仕様が可能ではないかということでした。

実際には、文字入力の際のカーソル位置の指定などどうしてもスタイラスが必要になる場面があったのが正直なところですが、Palm端末自体がスタイラス依存の高い機器だったので仕方ありません。

時代はまだガラケーが主流だったころですし、いずれにしろキーボードの操作感を望むユーザーにとってはありがたいモデルであったことでしょう。

そして、キーボードに限らず多くのハードウェアボタンを搭載している点ではTG50はクリエの中でも独自色の強いモデルであったと言えます。

パチンコ専用端末ポケロボ【VR-50MⅡ:ダイコク電機】

昔、パチンコ屋で遊ぶときのために使用する専用端末でポケロボというのが存在しました。

機種名がVR-50MⅡとうものでパチンコ店のロボターミナルという機械と通信してパチンコ台のデータを受信するものです。

ポケロボVR-50MⅡ

VR-50MⅡはパチンコを楽しむ人の為に造られた専用端末ですが、形状や機能からその目的に特化したPDAと言って良いでしょう。

VR-50MⅡの正面

正面から見たVR-50MⅡ

液晶カバーを閉じたVR-50MⅡ

カバーを閉じたところ

赤外線ポート

赤外線ポートを登載

側面のカードスロット

拡張用カードスロットと電池ケース

ポケロボVR-50MⅡに見るように、この時代の情報端末の特徴は赤外線を搭載していることでしょう。

当時はこのようなガジェット類の他にもノートパソコンなんかにも赤外線ポートが搭載されていたのを覚えています。

電源には単4電池1本とデータ保存用にボタン電池を使用します。

データロボとの接続

パチンコ店のデータ専用端末であるポケロボは、単体ではデータ活用のメリットがない機器です。

当時パチンコ店の景品カウンター付近に設置されていたデータロボという、データサーバーのような機器からパチンコの台データを受信してパチンコ台の出玉のデータを取得するという使い方でした。

パチンコを楽しむ側としては、このデータに基づき前日、あるいは前々日にこのくらい出している台だから、もしくは出玉が少なかった台だから本日は出るのではないか予測するわけです。

今となっては、私もパチンコなどやりませんしデータロボがパチンコ店にまだ設置してあるとも思えません。

オプションのICカード

VR-50MⅡにはオプションでICカードが存在しましたが、こちらもちゃんと手元に残っていました。

ポケロボ用ICカード

ICカード表側デザイン

ICカードにもボタン電池

ICカードにもデータ保存用バッテリーが必要


情報端末のICカードにしては派手なカラーを用いたデザインです。

この拡張カードを利用することによってデータを保存できるパチンコ台の数又は期間が増やせるとかだと思います。

拡張カードまでしっかり手元に残っているということは、ポケロボに関してはだいぶ入れ込んでいたということが分かります。

今となっては何の役にも立ちそうにない代物というところでしょうか。

ただ、このようにオプションまでしっか揃っているケースは珍しいのではないかなと持ち主として過大評価をしているところです。

センタージョグダイヤルを装備したクリエTJ37

PEG-TJ37はSONYのクリエ史上でだいぶ後期のほうに登場したモデルです。

そのためか表面を覆うカバーの仕様やカメラ用レンズが背面に装備されているなど現在のスマホのスタイルに最も似ているといって良いでしょう。

横開きカバーが特徴のPEG-TJ37

CLie_PEG-TJ37には標準で持ち歩きのときに液晶画面を保護できるソフトカバーが付属します。

ソフトカバーが付属のTJ37

カバーを開いた状態のTJ37

カバーを閉じたTJ37

カバーを閉じた状態も開けたときも見た目が今時のスマホカバーのように見えます。

実はこのソフトカバー、表面の劣化が激しく肌触りの柔らかな素材がボロボロと剥がれ落ちてしまいます。

本体が正常に動いているだけでありがたいので、残念ながらカバーの方は先に廃棄することに決定。

手帳カバーのようなスマホカバーもそろそろ廃れ時かもしれませんがSONYは時代の先端を行きすぎていたのかもしれません。

正面から見たTJ37

TJ37はハードウェアボタンにジョグダイヤルが並ぶ

TJ37の右側面

右側面の下にはシャッターボタン

TJ37の左側面

左側にはソフトカバーが固定される

TJ37の上部

上部にはメモリースティックスロットと赤外線ポート

TJ37の底面

本体下にはHotSync用のインターフェイス

なお、TJ37以降のクリエはこれまたスタイルをガラリと変更したモデルを出し続け最終モデルへと至ることとなります。

機器の仕様

TJ37の主なスペックは次の通り、TJ25との違いは搭載メモリの容量ととカメラ機能でしょうか。

  • OS:PalmOS5.2.1日本語版
  • CPU:i.MXL Application Processer200MHz
  • 大きさ:タテ113(mm)×ヨコ75(mm)×厚さ13.2(mm)
  • 重量:145(g)
  • メモリー:32MB(RAM)/16MB(ROM)
  • 電源:リチウムイオンポリマーバッテリー

CPUに「i.MXL Application Processer」が使用されている点は、先行して発売されたカメラなしモデルの兄弟機TJ25と同じです。

また、TJ37の大きな特徴はデジカメスタイルでシャッターが押せる内蔵カメラでしょう。

デジカメのように撮れるカメラ

本体背面のカメラレンズ

TJ37の本体背面にはカメラ用のレンズが配置されています。

カメラのレンズ部分

このレンズにはスライド式のカバーが装備されていて、持ち運びや通常利用の際に埃や汚れなどからレンズを保護してくれます。

また、レンズのすぐ横にはシャッターボタンが装備されていて液晶画面で確認しながらコンデジのよう構えて写真を撮ることができるのがTJ37のカメラ機能の大きな特徴です。

センタージョグダイヤル

TJ37のジョグダイヤル配置

TJ25と同じくTJ37もジョグダイヤルは正面の下側に配置されています。

この場所は、片手での操作を想定していないようですね。

場所が変わっただけでなくバックボタンが廃止されたことで、当時使い勝手が悪くなったと感じたのを覚えています。

ユーザー側としては(バックボタンなどの)良いものは時期モデルに残して欲しいところですが、残念ながら斬新な発想を意識しすぎている開発者の焦りみたいなのをこのころのクリエには感じられます。

また、TJ25のほうはピンクをはじめとして本体カラーが豊富に用意されていてお洒落感を全面に打ち出していました。