カジュアルスタイルのSONYクリエPEG-SJ33

Palmデバイスとしてハードウェア、ソフトウェアともに独自のスタイルを突き進み続けたSONYのデバイスが「Clie」です。

そのクリエの歴史の中でも斬新ながらカジュアルなスタイルをもって登場したのがPEG-SJ33でした。

お洒落なクリエの特徴

見た目がシンプルかつお洒落なPEG-SJ33は、前モデルのSJ30より縦横厚さの寸法が数ミリほど大きくなっていますがコンパクトさは失われていません。

電源がON状態のPEG-SJ33

PEG-SJ30に同じくSJ33もHotSyncクレードルが別売り。

SJ33の本体左側

本体の左側にはお馴染みのジョグダイヤルとバックボタンですが、SJ33のジョグダイヤルのプッシュ機構とバックボタンの操作性は本体より出っ張らない配置の成果押しづらく感じます。

これはSJ33の唯一の不満点と言っても良いでしょう。

それから、SJ30では裏面に位置していたバッテリー取り出し口がSJ33ではこちらの本体左に移動しています。

SJ33右側面

右側は特に何も装備がなく上部にスタイラスペンが付きます。

SJ33の本体上部

本体上には前モデルと同様メモリースティックスロットと電源ボタンが配置されるとともに本SJ33モデルではイヤホン(ヘッドホン)ジャックが追加されました。

SJ33底面

下部にはSJ30と同じくクレードル用IO。スマホのUSBなどに比べ大きいです。

SJ33の背面

背面は特に目立つ機構はなく中央付近にリセットスイッチがあるのとモノラルスピーカーの部分に小さな穴が開いています。

クリエPEG-SJ33の仕様

外装のデザインのほかCPUが強化されているのがPEG-SJ30から仕様上の大きな変更点。

重量はSJ33が33g増量されています。

  • OS:PalmOS4.1日本語版
  • CPU:DragonballVZ66MHz
  • 大きさ:タテ107.8(mm)×ヨコ72.5(mm)×厚さ22(mm)
  • 重量:172(g)
  • メモリー:16MB(RAM)/8MB(ROM)
  • 電源:リチウムイオンポリマーバッテリー

このほか、特記すべき点としてPEG-SJ30には無かった音楽再生機能が追加搭載されています。

付属品としてヘッドホンも付属されていました。

斬新デザインSJ33の使用感

液晶にメニューを表示したPEG-SJ33

PEG-SJ30の魅力は手のひらへのフィット感でしたが、これは液晶にカバーが追加されたSJ33にも引き継がれています。

本体下の中央に点灯してるランプは充電用のランプです。充電が完了すれば消灯します。

ここに見える4つのハードウェアボタンを含め、先にふれたとおりジョグダイヤル・バックボタンの操作性は従来までのモデルの中で最低の完成度でした。

特にバックボタンを押すには爪を立てないと押しづらく感じるレベルです。

また、SJ30とは違い艶のある樹脂ケースは指紋など手の汚れが付きやすく目立つものの通常使用において問題になるレベルではないでしょう。

SJ33のデザインはVAIOから影響を受けている

時期が丁度同じだったか少々自信がありませんが、当時SONYが出していたVIOノート(ノートPC)にも似たように黒の艶ありで丸みを帯びた樹脂外装に白っぽい縁取りというのがありました。

ソニー独特のクリエSJ33デザイン

当時のSONYが提唱した独特のデザイン

こうしたデザインは当時の流行りではなくSONYが独自のデザインとして打ち出したものです。

Palmが世に出回り始める少し前でしたか、Macのパソコンや多くのPC周辺機器で透明なケースを用いたスケルトンデザインが一時期はやりましたが、PEG-SJ33えを含め当時のVAIOなどはそれらとはまた異なった情報端末における新時代のカジュアルなデザインを提唱したものであったと言ってよいでしょう。

真の情報端末あるいはモバイラー向けガジェットととしての座はスマホにとって奪われてしまったクリエを含むPDAですが、PEG-SJ33のデザインは今の時代にも十分通用しうるものと言えます。

PEG-SJ30はCLIE史上最小サイズのデバイス

多くのPalmデバイスが世に出回る中でCLIEというブランドで極めて独自のスタイルを切り開いてきたSONYが打ち出した最小デバイスがPEG-SJ30です。

Palmデバイスとしての性能はT600Cと同等ですが最小化されたデザインはどのようなものだったのでしょう。

最も小さなクリエPEG-SJ30の特徴

今回取り上げるPEG-SJ30は高さ(縦の寸法)がT600Cより14mmほど小さくなっていて正面から見ればコンパクトに見えます。

クレードルに載ったPEG-SJ30

画像のPEG-SJ30はシルバー色、クレードルにセットされていますが、実はSJ30はHotSyncクレードルが別売りでした。

SJ30左側面

本体の左側にはSONYが誇るジョグダイヤルとバックボタン。

SJ30の右側面

右側は特に何も装備がなく上部にスタイラスペンが付きます。

SJ30上部

本体上には電源ボタン、メモリースティックスロット赤外線ポートが配置。

SJ30底面

下部にはT400/T600シリーズと同様のクレードル用IOがあります。

SJ30裏側

本体裏には、バッテリー取り出し用の切り込みがあり蓋がねじ止めされています。

CLIE_PEG-SJ30の仕様

PEG-SJ30は外観をのぞき内部のスペックはT600Cとほぼ同等です。

重量はSJ30が1グラムだけ重くなっています。

  • OS:PalmOS4.1日本語版
  • CPU:DragonballVZ33MHz
  • 大きさ:タテ104(mm)×ヨコ71.8(mm)×厚さ16.8(mm)
  • 重量:139(g)
  • メモリー:16MB(RAM)/8MB(ROM)
  • 電源:リチウムイオンポリマーバッテリー

前モデルに比べ特段性能が上がったわけでもないSJ30でしたが、これは当時のPalmデバイスユーザーにはウケが良くなかったように記憶しています。

形をコンパクトにしただけでは売れなかったというのが正直なところでしょう。

海外ではモノクロモデルが存在?

以前から情報として耳にしていますが、CLIEの海外版ではSJ20という型番でSJ30と同じ筐体を使用したモノクロ画面モデルが存在していたようです。

SJ30とポメラDM100

極めて私的な意見ですが、モバイルデバイスはモノクロモニタを搭載していれば充分と考えます。

とくにこうしたブログ記事を書くときなども、テキストレベルの編集ではカラーが必要な理由はほとんどありません。

実際に当記事もモノクロのpomeraDM100を使用して書いています。

手のひらにピッタリサイズのモノクロデバイスは目も疲れにくくガジェット好きにはたまらない存在です。

とは言っても今となってはモノクロSJ20は手に入れることが容易ではなく、仮に手に入ったとしても英語版を日本語に書き換えるためのノウハウがなくては使い物にならないことでしょう。

樹脂製ケースをもつSJ30の使用感

さて、クリエ最小デバイスのPEG-SJ30について書いてきましたが、この機種の最大の魅力は手のひらへのフィット感です。

この適度にある厚みがコンパクトすぎず実にしっくりしますし、ジョグダイヤル・バックボタンの操作性も数多くあるクリエの中でも最良と言えます。

そして、樹脂製のケースはT400/600Cの金属製と違い冬場のヒンヤリ感がほとんど感じられません。

握り心地が自然でストレスを感じないのです。

電源を入れたPEG-SJ30

オプションのクレードルから電源を供給

手のひらへのフィット感に優れたPEG-SJ30ですが、手元の個体はバッテリー寿命により全く充電できない状態。

ACアダプタで電源を供給すれば起動は可能なので、もし替えのバッテリーが入手可能であるならばもう一度手に馴染む最適なクリエを実感してみたいものです。

時代を超えたデザインのPDA【CLIE_PEG-NX73V】

PDAという言葉を耳にすることがなくなった今、持ち歩くPDAを一つ選ぶとしたら自分が迷わず選ぶのはSONYのPEG-NX73Vです。

CLIE_PEG-NX73Vはソニーが出したPalm端末であるCLIEの数あるモデルの中でも多機能で且つ行きすぎた感のないスマートなモデルと言えます。

二つ折りタイプの形状

SONYのCLIEとしてはこのNX73Vよりも前に、NX60・NX70Vといった二つ折りのモデルを販売していて、特にNX73Vが初めて二つ折りの形状を採用したという訳ではありませんがデザイン的な完成度を感じるのは後発のNX73Vと上位モデルのNX80Vです。

クレードル上で開いた状態のNX73V

クレードル上で電源をONにしたNX73V

閉じた状態のNX73V

閉じて液晶パネルを表にした状態

閉じて電源をOFF

電源をOFFにし閉じた状態

NX73Vの本体は、キーボードを使える開いた状態、閉じた状態、液晶面を表にして使える状態で折り畳んだ状態と3通りに変化させることができます。

液晶パネルは180°回転

液晶パネルを180°回転可能

液晶パネル側はこのように180°回転可能になっています。

スポンサーリンク
 

製品の仕様

PEG-NX73Vの主なスペックは次の通り。
PalmOS5.0搭載しているこの端末ではCPUの性能が格段に上がっています。

  • OS:PalmOS5.0 日本語版
  • CPU:XScale PXA263(200MHz)
  • 大きさ:タテ131.5(mm)×ヨコ71.9(mm)×厚さ21.8(mm)
  • 重量:230(g)
  • メモリー:16MB(DRAM)/32MB(フラッシュROM)
  • 電源:リチウムイオンポリマーバッテリー

※厚さはクローズスタルのとき

二つ折りのスタイルを採用したことにより、サイドのボタン類やインターフェイスの配置も従来のCLIEとは変わっています。

左側面

本体左には、上からシャッターボタン、バックボタン、ジョグダイヤル、スライド式の電源スイッチが並びます。

右側面

右側には録音ボタンとメモリースティックスロットが配置されています。

NX73Vの特徴

他のパームデバイスと比べてPEG-NX73Vの大きな特徴は、カメラ機能を搭載していること、通信機器を使用可能なコンパクトフラッシュスロットがあること、ハードウェアキーボードが採用されていることなどがあります。

31万画素デジタルカメラ

ヒンジ部のカメラレンズ

NX73Vのヒンジ部には31万画素のデジタルカメラが搭載されています。

今となっては、ショボい画素数ですが、当時はガラケーを含めデジタルカメラと言えばこんなもんでした。

CFスロット

通信用CFスロット

これもヒンジ部に近い場所ですが、NX73VにはCF_typeⅡスロットが装備されています。

当時はPHSの通信カードなどがあったので、このCFスロットに差し込めばメールやインターネットが使えるというものでした。

CFタイプのWifiカードなども存在しましたが、まだ今よりWifiスポットが少なく、あっても有料だったりしたので一般的ではなかったと記憶しています。

ハードウェアキーボード

ハードウェアキーボード

二つ折りタイプのCLIEにはQWERTY配列のハードウェアキーボードが搭載されています。

スマホでフリック入力ができる時代には魅力を感じない機能かもしれませんが、これがあると画面に指紋が付いたりする心配がありません。

スポンサーリンク
 

時代を卓越した機能性とデザイン

平置きランチャー表示

SONYがジョグダイヤルに力を入れていた時代に、その性能を最も開花させた情報端末はPEG-NX73Vだったといっても過言ではないでしょう。

CLIEは数あるPalmOS機の中でも、ジョグダイヤルの利便性を生かすためのランチャー(メニュー画面)を独自に開発していました。

これはNX73Vにも採用され、当時の携帯電話やノートPCなどにも搭載されたジョグダイヤルは、まさにPDA(CLIE)のために存在したかのようにその機能を開花させていました。

今思えば、PDAの衰退とともにジョグダイヤルもその姿を消していったかのようにも思えます。

PEG-NX73Vは時代が残した数多いPDAの中でも、搭載しているOS、機能性、大きさ、デザインなど様々な視点で比較して他の端末に引けを取ることがなく、また、現在情報端末として主流であるスマホと比較してもそれほど大げさな感じもなく優れたデザインです。

開いた状態で電源OFF状態

ジョグダイヤルやハードウェアキーボード、ヒンジ部に設置されたカメラなどは、一見時代が残した産物でしかなさそうですが、デジタル端末としての多様性という意味では供給が絶たれたために需要が衰退したとも感じ取れます。

液晶パネルを内側に畳める端末形状は現在のスマホではほとんど見かけませんが、薄型軽量よりも多機能を求めたシーンでは魅力的ではないでしょうか。

つい先日液晶画面が折り畳めるスマホが某社から発表されていましたが、ほぼ規格化されてしまった現代の疑似多様性に風穴を開けるならばPEG-NX73Vのようなデバイスはどうなのでしょう。

我々ユーザーはハードウェアボタンやジョグダイヤルが邪魔だと言った覚えはないし、二つ折りが無駄だと笑ったことさえないのです。

ハードウェアボタンが、ほぼ電源と音量だけになった樹脂製の板を持ち歩くことにやや退屈を覚えるのは私だけなのでしょうか。