時代を超えたデザインのPDA【CLIE_PEG-NX73V】

PDAという言葉を耳にすることがなくなった今、持ち歩くPDAを一つ選ぶとしたら自分が迷わず選ぶのはSONYのPEG-NX73Vです。

CLIE_PEG-NX73Vはソニーが出したPalm端末であるCLIEの数あるモデルの中でも多機能で且つ行きすぎた感のないスマートなモデルと言えます。

二つ折りタイプの形状

SONYのCLIEとしてはこのNX73Vよりも前に、NX60・NX70Vといった二つ折りのモデルを販売していて、特にNX73Vが初めて二つ折りの形状を採用したという訳ではありませんがデザイン的な完成度を感じるのは後発のNX73Vと上位モデルのNX80Vです。

クレードル上で開いた状態のNX73V

クレードル上で電源をONにしたNX73V

閉じた状態のNX73V

閉じて液晶パネルを表にした状態

閉じて電源をOFF

電源をOFFにし閉じた状態

NX73Vの本体は、キーボードを使える開いた状態、閉じた状態、液晶面を表にして使える状態で折り畳んだ状態と3通りに変化させることができます。

液晶パネルは180°回転

液晶パネルを180°回転可能

液晶パネル側はこのように180°回転可能になっています。

製品の仕様

PEG-NX73Vの主なスペックは次の通り。
PalmOS5.0搭載しているこの端末ではCPUの性能が格段に上がっています。

  • OS:PalmOS5.0 日本語版
  • CPU:XScale PXA263(200MHz)
  • 大きさ:タテ131.5(mm)×ヨコ71.9(mm)×厚さ21.8(mm)
  • 重量:230(g)
  • メモリー:16MB(DRAM)/32MB(フラッシュROM)
  • 電源:リチウムイオンポリマーバッテリー

※厚さはクローズスタルのとき

二つ折りのスタイルを採用したことにより、サイドのボタン類やインターフェイスの配置も従来のCLIEとは変わっています。

左側面

本体左には、上からシャッターボタン、バックボタン、ジョグダイヤル、スライド式の電源スイッチが並びます。

右側面

右側には録音ボタンとメモリースティックスロットが配置されています。

NX73Vの特徴

他のパームデバイスと比べてPEG-NX73Vの大きな特徴は、カメラ機能を搭載していること、通信機器を使用可能なコンパクトフラッシュスロットがあること、ハードウェアキーボードが採用されていることなどがあります。

31万画素デジタルカメラ

ヒンジ部のカメラレンズ

NX73Vのヒンジ部には31万画素のデジタルカメラが搭載されています。

今となっては、ショボい画素数ですが、当時はガラケーを含めデジタルカメラと言えばこんなもんでした。

CFスロット

通信用CFスロット

これもヒンジ部に近い場所ですが、NX73VにはCF_typeⅡスロットが装備されています。

当時はPHSの通信カードなどがあったので、このCFスロットに差し込めばメールやインターネットが使えるというものでした。

CFタイプのWifiカードなども存在しましたが、まだ今よりWifiスポットが少なく、あっても有料だったりしたので一般的ではなかったと記憶しています。

ハードウェアキーボード

ハードウェアキーボード

二つ折りタイプのCLIEにはQWERTY配列のハードウェアキーボードが搭載されています。

スマホでフリック入力ができる時代には魅力を感じない機能かもしれませんが、これがあると画面に指紋が付いたりする心配がありません。

時代を卓越した機能性とデザイン

平置きランチャー表示

SONYがジョグダイヤルに力を入れていた時代に、その性能を最も開花させた情報端末はPEG-NX73Vだったといっても過言ではないでしょう。

CLIEは数あるPalmOS機の中でも、ジョグダイヤルの利便性を生かすためのランチャー(メニュー画面)を独自に開発していました。

これはNX73Vにも採用され、当時の携帯電話やノートPCなどにも搭載されたジョグダイヤルは、まさにPDA(CLIE)のために存在したかのようにその機能を開花させていました。

今思えば、PDAの衰退とともにジョグダイヤルもその姿を消していったかのようにも思えます。

PEG-NX73Vは時代が残した数多いPDAの中でも、搭載しているOS、機能性、大きさ、デザインなど様々な視点で比較して他の端末に引けを取ることがなく、また、現在情報端末として主流であるスマホと比較してもそれほど大げさな感じもなく優れたデザインです。

開いた状態で電源OFF状態

ジョグダイヤルやハードウェアキーボード、ヒンジ部に設置されたカメラなどは、一見時代が残した産物でしかなさそうですが、デジタル端末としての多様性という意味では供給が絶たれたために需要が衰退したとも感じ取れます。

液晶パネルを内側に畳める端末形状は現在のスマホではほとんど見かけませんが、薄型軽量よりも多機能を求めたシーンでは魅力的ではないでしょうか。

つい先日液晶画面が折り畳めるスマホが某社から発表されていましたが、ほぼ規格化されてしまった現代の疑似多様性に風穴を開けるならばPEG-NX73Vのようなデバイスはどうなのでしょう。

我々ユーザーはハードウェアボタンやジョグダイヤルが邪魔だと言った覚えはないし、二つ折りが無駄だと笑ったことさえないのです。

ハードウェアボタンが、ほぼ電源と音量だけになった樹脂製の板を持ち歩くことにやや退屈を覚えるのは私だけなのでしょうか。

Palm全盛期に登場したCLIEの薄型モノクロ液晶モデルPEG-T400

SONYが日本語版PalmOSを搭載して販売したCLIEで実質モノクロモデルの最終版となったのがこのPEG-T400でした。

これ以降に発売されたCLIEは全てカラー液晶を搭載しています。また、T400は歴代CLIEの中では最も薄型でスリムなスタイルを持っていました。

CLIE_T400の特徴

T400の主な特徴は、やはり薄型の本体だといって良いでしょう。アルミを使用したケースは当時としてはモダンな印象を受けたのを覚えています。

PEG-T400の正面

本体色はブラックのほかにシルバーがあります。

ソニーが誇るジョグダイヤル

T400のジョグダイヤル

左横にはSONY製品のシンボルとも言えるジョグダイヤルが装備されています。このバックボタン付きのジョグダイヤルはこのTシリーズのものが一番操作性が優れているようにも感じます。

CLIEの終盤のモデルになってくるとこのジョグダイヤルの配置に様々な思考が凝られれていますが、いささか迷走しているといった印象を受けた記憶があります。

メモリースティックスロット

メモリースティックスロットと赤外線ポート

ソニー製品におなじみのメモリースティックスロットはT400にも当然搭載されています。

本体上部のスロットの隣にあるのは赤外線ポートになります。

またその他の大きな特徴として、Tシリーズではクレイドル置く際や充電するときの接続インターフェイスがこれまでのものと違い形状が変更になっています。

仕様

CLIE_T400の主なスペックは次の通りです。

  • OS:Palm OS 4.1日本語版
  • CPU:Dragonball VZ-33MHz
  • 大きさ:タテ118(mm)×ヨコ71.8(mm)×厚さ9.9(mm)
  • 重量:122(g)
  • メモリー:8MB(RAM)/8MB(ROM)
  • 電源:リチウムポリマーバッテリー

モノクロ液晶搭載のT400は同じシリーズのカラーモデルだったT600に比べバッテリーの持続時間が長いというメリットがあります。

なお、カラーモデルのT600Cは12.5mmと数ミリ厚みが増すデザインでした。当時の雑誌などの紹介記事には、T400の9.9mmの厚さを「1cmを切る薄さ」と讃えていました。

このT400(T600C)は輪郭だけを見れば少し前のスマホの大きさと変わりないような感じがします。

T400の使用感

薄型でスタイリッシュなT400は兄弟機のカラー液晶モデルのT600Cとならんで、まさに手のひらに収まるモバイルデバイスとして握りやすい形でもありました。

唯一これさえなければと個人的に気になったのが、Tシリーズのアルミボディにサンドブラスト処理を施したような触り心地が苦手でした。
スベスベでもツルツルでもない独特の仕上げ感が冬の寒い時期には金属の冷たさと合わさり不快だったのを覚えています。

気になったのは、その触り心地くらいでPalmデバイスとしての完成度は完ぺきだったと言えます。

PEG-T400、T600Cの完成度

T400よりも後に登場するCLIEはカメラ機能や描画機能などのクオリティーに拘り過ぎてビジネス用途の域を完全に超えていました。

当時のガサばるノートPCの代わりに必要な情報だけを持ち歩く上では充分な性能を持っていたCLIE_T400は今でもメモ帳代わりに持ち歩きたいデバイスの一つです。

レビューなどでもあまり見かけない意見であるとは思いますが、このモノクロ液晶の画面は目に刺激が少なく当時の雑なカラー液晶よりも視認性が格段に良く感じました。

この時代にモバイル機器の多くがカラー表示に移行していく中で、わざわざ白黒表示が見やすくて良いなどという評価を広めること自体がナンセンスだったことでしょう。

いずれにしても、PalmOSを搭載したPDAを持ち歩くメリットを十二分に享受できるハンドヘルドマシンとしてT400はとても優秀な製品だったと言えます。

シルバーボディーのCLIE【PEG-N600C】

日本を代表する電機メーカーであるソニーからCLIEの2代目モデルとしてN700Cが登場しましたが、それにやや遅れて発売されたのがPEG-N600Cです。

遅れて登場したN600Cは同じカラーモデルでありながらN700Cに対してはモデルチェンジ版ではなく音楽機能が省かれた廉価版といった存在でした。

PEG-N600Cの特徴

N600Cにも当然ジョグダイヤルが装備されていましたが、このシリーズからBACKボタンが追加され、ひとつ前のアクションに戻る操作が可能になりました。

PEG-N600Cの画像

ボディカラーのシルバーは、この時代に各社から販売されたノートPCにも良く使用されていた色だったと記憶しています。

もちろん今でもシルバーは小型の電子機器には無難な色として採用されることがありますが、当時のザウルスやWindowsCE機にとっても一般的な色でした。

仕様

主なスペックは次の通りです。

  • OS:PalmOS4.0日本語版
  • CPU:Dragonball_VZ(33MHz)
  • 大きさ:タテ118.5(mm)×71ヨコ(mm)×厚さ16.8(mm)
  • 重量:160(g)
  • メモリー:8MB(RAM)/8MB(ROM)
  • 電源:リチウムポリマーバッテリー

ACアダプタと電源コネクタの形状は初代モデルのS500Cと同じものでしたがクレードルは互換性がない形状です。

クリエN600Cの使用感

SONYのCLIEにもN600Cの後に出されたモデルに厚みを抑えた機種が存在します。

ただ、Palmデバイスの多くがそうであるようにこのN600Cも充分手になじむサイズ感です。

S500Cで気になったカラー液晶の視認性については、このモデルでかなり改善され電源ボタンの長押しがなくても使用時は常時点灯する仕様になっています。ただし、その後のCLIEのラインナップを見るとこの機種もまだまだ発展途上だったことが否定できません。

音楽機能が省かれていたことについて、廉価版だとかビジネスモデルといった言われ方をしていますが、むしろPalmデバイスもつ本来の目的からすれば、むしろ正統派な存在であるとも言えるでしょう。