薄型Palmデバイスm500

Palm_m500が発売されたのは2001年で、もうだいぶ昔の話になってしまいました。当時m500は、リチウムポリマーバッテリーを搭載したことにより従来モデルに比べ薄型のスタイリッシュな本体デザインを実現しました。

OSがバージョンアップされたほかSDメモリーカードが使用可能になるなどの新たな機能が追加されユーザーにとっても魅力的なハンドヘルドマシンとしてデビューを果たしています。

m500の特徴

グレーのケースに黒のカバーが付属するm500のデザインは落ち着いた質感を漂わせています。

m500の画像

m100シリーズとも異なる他に類を見ないこの形状は、画像では分かりにくいクールでスマートな印象がありました。

IT雑誌などの掲載写真を見るより実物のほうがカッコよく見えます。

当時、WindowsCE機の多くがCFメモリを外部記憶メモリとして採用していたのにくらべ、m500が採用するSDメモリーカードは斬新で最先端のモバイルデバイスの象徴であるかのように感じられたものです。

ただし、当初ささやかれていたSDカード型の無線デバイスが、サードパーティーからもなかなか開発されなかったのにガッカリさせられたのを覚えています。

仕様

主なスペックは次の通りです。

  • OS:PalmOS4.0日本語版
  • CPU:Dragonball_VZ(33Mz)
  • 大きさ:タテ114(mm)×ヨコ79(mm)×厚さ10(mm)
  • 重量:113(g)
  • メモリー:8MB(RAM)/4MB(ROM)
  • 電源:リチウムポリマーバッテリー

同じ時期に発売されたカラーモデルのm505は本体の厚みが13mmでモノクロモデルのm500のほうが3mm薄い構造でした。

m500の使用感

CLIEとの比較になりますが初期モデルからジョグダイヤルを搭載して発売されたCLIEに対して本家と言われたPalmから発売されたm500シリーズには同じような操作システムがありません。

m500に限らず他のPalmデバイスでもメニューアイコンを選択するのにもスタイラスを取り出す操作が必要なのは少し不便に感じたのは事実です。

m500を手に持った感じは全体をホールドできるイメージです。m100シリーズよりコンパクトに仕上がったサイズは日本人の手にも馴染むものでした。

標準で付属していた画面を覆うカバーは現在(2018年投稿時)スマホケースと して主流となっている見開き式の手帳型のケースに似ていてm500はその先駆け的存在ではないかと思うほどです。

それに比べサイズ感のほうは大きすぎる最新式のスマホとは全く異なり、上着やシャツの胸ポケットにも違和感なく収めることができるサイズです。

モノクロモデルの特徴である視認性の良さと、このコンパクトでスタイリッシュなデザインは他社から発売されていたPalmデバイスと比較しても群を抜いている感があり自分としては一番のお気に入り機種です。

残念ながら今ではスマホさえあれば持ち歩く必要がないm500ですが、手になじむ絶好のスタイルであることは間違いありません。

初代ソニーCLIE【PEG-S500C】

ソニーが世に放ったPalmデバイスCLIEの初代モデルがPEG-S500Cでした。

当時も相変わらず他に類を見ない斬新なデザインを打ち出してくるのはデジタルカメラに止まらずPDAでも同じでした。

PEG-S500Cの特徴

初代CLIEのデザインにはPDAに興味が有る無しを問わず店頭でデバイスに触れるきっかけになっていたことでしょう。

PEG-S500C本体画像

ソニーと言えばメモリースティックにジョグダイヤルでしたが、PEG-S500Cにも搭載されています。

Palmデバイスにジョグダイヤルを搭載したCLIE独自のハードウェア仕様はユーザーへ快適な操作性をもたらすものでした。

仕様

CLIE_PEG-S500C主なスペックは次の通りです。

  • OS:PalmOS(R)日本語版Ver3.5
  • CPU:DragonballEZ(20MHz)
  • 大きさ:タテ114.7(mm)×ヨコ70.9(mm)×厚さ15.2(mm)
  • 重量:12.2(g)
  • メモリー:8MB(RAM)/4MB(ROM)
  • 電源:リチウムイオンバッテリー

SONYのCLIEには、この初代モデルを含め乾電池駆動のモデルが一切ありません。

出先で充電切れを起こした場合にACアダプタが必須でしたが、ソニー製であることとクオリティーの高さを考えると、わざわざ乾電池モデルを出す必要はなかったことでしょう。

PEG-S500Cの使用感

PEG-S500Cに搭載されたカラー液晶は屋外でとても見づらいものでした。

後継機のカラー液晶モデルとは異なり、バックライトの点灯には電源ボタンを長押ししなければならず、バックライト点灯中でも視認性は良いとは言えないものでした。

しかし、ソニーは誇るCLIEのデザインにはPDAに興味が有る無しを問わず店頭でデバイスに触れるきっかけになっていたことでしょう。

CLIEの初代モデルPEG-S500Cは、その後繰り出されるSONY製Palmデバイスの先駆けとして充分な魅力を持つ存在でした。

Palmデバイスのパイオニア:Palm_m100

PDAの歴史の中でPalm全盛期に、その先駆け的な存在であったのがこのPalm_m100でした。

自分が初めて手にしたPalmデバイスもこのm100でした。

m100の特徴

Palm_m100は他の機種に比べメモリ容量の少なさがネックでしたが、低価格と乾電池駆動という点に触手が動いたのを覚えています。

赤いフェイスプレートのm100

m100は外装が樹脂製で、本体前面のフェイスプレートと呼ばれるカバーが交換式になっていて、当時様々なデザインのフェイスプレートが販売されていました。

画像はPalm社から発売されていた赤色の純正フェイスプレートです。

仕様

主なスペックは次の通りです。

  • OS:PalmOS3.5日本語版
  • CPU:Dragonball_EZ(16MHz)
  • 大きさ:タテ118(mm)×ヨコ79(mm)×厚さ18(mm)
  • 重量:137(g)
  • メモリー:2MB(RAM)/4MB(ROM)
  • 電源:単4乾電池2本

ベーシックな構成ですが、メモ帳やスケジュール管理などには充分なスペックでした。

m100の使用感

当時多くのPDAは四角い長方形の形をしているのが一般的だった中、m100の底面に丸みを帯びたデザインは特徴的なものでした。

この独特のデザインが片手でホールドしやすいと言うm100の魅力とされていましたが、開発者が西洋人ですので日本人にそのホールド感が評価されたかは難しいところではないでしょうか。

当時m100と並んで上記種で搭載メモリが8MBのm105という機種がが存在しました。また、その後カラー液晶搭載で外装の形が同様のm130が登場することになりましたが、Palm社にとってこのデバイス形状はかなりの自信作だったようです。