初代ソニーCLIE【PEG-S500C】

ソニーが世に放ったPalmデバイスCLIEの初代モデルがPEG-S500Cでした。

当時も相変わらず他に類を見ない斬新なデザインを打ち出してくるのはデジタルカメラに止まらずPDAでも同じでした。

PEG-S500Cの特徴

初代CLIEのデザインにはPDAに興味が有る無しを問わず店頭でデバイスに触れるきっかけになっていたことでしょう。

PEG-S500C本体画像

ソニーと言えばメモリースティックにジョグダイヤルでしたが、PEG-S500Cにも搭載されています。

Palmデバイスにジョグダイヤルを搭載したCLIE独自のハードウェア仕様はユーザーへ快適な操作性をもたらすものでした。

仕様

CLIE_PEG-S500C主なスペックは次の通りです。

  • OS:PalmOS(R)日本語版Ver3.5
  • CPU:DragonballEZ(20MHz)
  • 大きさ:タテ114.7(mm)×ヨコ70.9(mm)×厚さ15.2(mm)
  • 重量:12.2(g)
  • メモリー:8MB(RAM)/4MB(ROM)
  • 電源:リチウムイオンバッテリー

SONYのCLIEには、この初代モデルを含め乾電池駆動のモデルが一切ありません。

出先で充電切れを起こした場合にACアダプタが必須でしたが、ソニー製であることとクオリティーの高さを考えると、わざわざ乾電池モデルを出す必要はなかったことでしょう。

PEG-S500Cの使用感

PEG-S500Cに搭載されたカラー液晶は屋外でとても見づらいものでした。

後継機のカラー液晶モデルとは異なり、バックライトの点灯には電源ボタンを長押ししなければならず、バックライト点灯中でも視認性は良いとは言えないものでした。

しかし、ソニーは誇るCLIEのデザインにはPDAに興味が有る無しを問わず店頭でデバイスに触れるきっかけになっていたことでしょう。

CLIEの初代モデルPEG-S500Cは、その後繰り出されるSONY製Palmデバイスの先駆けとして充分な魅力を持つ存在でした。

Palmデバイスのパイオニア:Palm_m100

PDAの歴史の中でPalm全盛期に、その先駆け的な存在であったのがこのPalm_m100でした。

自分が初めて手にしたPalmデバイスもこのm100でした。

m100の特徴

Palm_m100は他の機種に比べメモリ容量の少なさがネックでしたが、低価格と乾電池駆動という点に触手が動いたのを覚えています。

赤いフェイスプレートのm100

m100は外装が樹脂製で、本体前面のフェイスプレートと呼ばれるカバーが交換式になっていて、当時様々なデザインのフェイスプレートが販売されていました。

画像はPalm社から発売されていた赤色の純正フェイスプレートです。

仕様

主なスペックは次の通りです。

  • OS:PalmOS3.5日本語版
  • CPU:Dragonball_EZ(16MHz)
  • 大きさ:タテ118(mm)×ヨコ79(mm)×厚さ18(mm)
  • 重量:137(g)
  • メモリー:2MB(RAM)/4MB(ROM)
  • 電源:単4乾電池2本

ベーシックな構成ですが、メモ帳やスケジュール管理などには充分なスペックでした。

m100の使用感

当時多くのPDAは四角い長方形の形をしているのが一般的だった中、m100の底面に丸みを帯びたデザインは特徴的なものでした。

この独特のデザインが片手でホールドしやすいと言うm100の魅力とされていましたが、開発者が西洋人ですので日本人にそのホールド感が評価されたかは難しいところではないでしょうか。

当時m100と並んで上記種で搭載メモリが8MBのm105という機種がが存在しました。また、その後カラー液晶搭載で外装の形が同様のm130が登場することになりましたが、Palm社にとってこのデバイス形状はかなりの自信作だったようです。

PDAという至高のガジェット

スマホが世に広がる少し前、手のひらへ収まるガジェットの主役はPDAでした。

palmOSをはじめWindowsCE、Linuxなどの様々OSを搭載した機種が各メ ーカーから発売され、専門の雑誌なども発売されるほどだったPDA。

当サイトでは、その華々しかったPDA全盛期の記録を現代に振り返り実機種の画像などを交えWebで訪れるPDA博物館として公開をします。

PDAという情報端末

PDAが登場するまでは、持ち運びが可能な情報端末はノートパソコンだけでした。

当時のノートPCも軽量化モデルが存在していましたが、バッテリーの持続時間が少なかったことや何よりノートパソコンが今より高価で、ビジネス用とでも気軽に持ち運べる物ではなかっったと記憶しています。

PEG-NX73V

SONY製のPEG-NX73V

そんななか、コンパクトな筐体と低価格を武器に市場にあらわれたPDAという情報端末は人々の興味を惹くものでした。

手のひらマシンとしての座はスマホによって奪われた

パソコンを持ち歩く代わりに手のひらに収まる小さなPDAを持ち歩けることに利便性を実感された方は、まあまあいらっしゃったと言う程度だったかも知れません。

ただ、それに目を付けた人にとってPDAはとても便利でスタイリッシュなものだったことでしょう。

パソコンほど処理能力はありませんが、スケジュール管理やメモ帳、アドレス帳をメインとした機能のほかに多くのアプリケーションが存在しました。

iPhoneとSONY_UX50

そんな、時代を象徴するモバイルデバイスだったPDAはスマホの登場により市場を奪われることになります。

当初、キーボード搭載のスマートフォンが海外で販売されだした頃、PDAとスマホは市場でまだまだ共存できそうなほどでした。

ところが、アップル社のiPhoneの登場によりPDAは一気に市場の縮小を迫られることになります。

家電店からPDAが一瞬にして消えてしまったと感じたのを覚えています。

目的に特化した端末としての完成度は申し分なし

今でも数は少ないですが、電話はガラケーでネットやスケジュール管理はタブレットまたは薄型ノートを使うという方がいらっしゃいます。

ユーザー目線で語るなら携帯電話と融合する必要は皆無だったとも言えます。

小さなパソコンを耳に当てて通話をするというのはいかがなものかという話なのですが、それをどうこう言うより時代の流れに素直になり、スマホの高性能なカメラや数多く用意されたアプリを利用することで得られるメリットは多大なるものです。

こうして、いつのまにかPDAはその存在を忘れ去られ現在に至ることになりましたが、当時の技術は現在のスマホ技術にも充分貢献してくれたことでしょう。

こうした時代の成果を労い、電話という余計な縛りにも似た通信手段を持たない真の情報端末をもう一度振り返ってみましょう。