PDAという至高のガジェット

スマホが世に広がる少し前、手のひらへ収まるガジェットの主役はPDAでした。

palmOSをはじめWindowsCE、Linuxなどの様々OSを搭載した機種が各メ ーカーから発売され、専門の雑誌なども発売されるほどだったPDA。

当サイトでは、その華々しかったPDA全盛期の記録を現代に振り返り実機種の画像などを交えWebで訪れるPDA博物館として公開をします。

PDAという情報端末

PDAが登場するまでは、持ち運びが可能な情報端末はノートパソコンだけでした。

当時のノートPCも軽量化モデルが存在していましたが、バッテリーの持続時間が少なかったことや何よりノートパソコンが今より高価で、ビジネス用とでも気軽に持ち運べる物ではなかっったと記憶しています。

PEG-NX73V

SONY製のPEG-NX73V

そんななか、コンパクトな筐体と低価格を武器に市場にあらわれたPDAという情報端末は人々の興味を惹くものでした。

手のひらマシンとしての座はスマホによって奪われた

パソコンを持ち歩く代わりに手のひらに収まる小さなPDAを持ち歩けることに利便性を実感された方は、まあまあいらっしゃったと言う程度だったかも知れません。

ただ、それに目を付けた人にとってPDAはとても便利でスタイリッシュなものだったことでしょう。

パソコンほど処理能力はありませんが、スケジュール管理やメモ帳、アドレス帳をメインとした機能のほかに多くのアプリケーションが存在しました。

iPhoneとSONY_UX50

そんな、時代を象徴するモバイルデバイスだったPDAはスマホの登場により市場を奪われることになります。

当初、キーボード搭載のスマートフォンが海外で販売されだした頃、PDAとスマホは市場でまだまだ共存できそうなほどでした。

ところが、アップル社のiPhoneの登場によりPDAは一気に市場の縮小を迫られることになります。

家電店からPDAが一瞬にして消えてしまったと感じたのを覚えています。

目的に特化した端末としての完成度は申し分なし

今でも数は少ないですが、電話はガラケーでネットやスケジュール管理はタブレットまたは薄型ノートを使うという方がいらっしゃいます。

ユーザー目線で語るなら携帯電話と融合する必要は皆無だったとも言えます。

小さなパソコンを耳に当てて通話をするというのはいかがなものかという話なのですが、それをどうこう言うより時代の流れに素直になり、スマホの高性能なカメラや数多く用意されたアプリを利用することで得られるメリットは多大なるものです。

こうして、いつのまにかPDAはその存在を忘れ去られ現在に至ることになりましたが、当時の技術は現在のスマホ技術にも充分貢献してくれたことでしょう。

こうした時代の成果を労い、電話という余計な縛りにも似た通信手段を持たない真の情報端末をもう一度振り返ってみましょう。

Palm全盛期に登場したCLIEの薄型モノクロ液晶モデルPEG-T400

SONYが日本語版PalmOSを搭載して販売したCLIEで実質モノクロモデルの最終版となったのがこのPEG-T400でした。

これ以降に発売されたCLIEは全てカラー液晶を搭載しています。また、T400は歴代CLIEの中では最も薄型でスリムなスタイルを持っていました。

CLIE_T400の特徴

T400の主な特徴は、やはり薄型の本体だといって良いでしょう。アルミを使用したケースは当時としてはモダンな印象を受けたのを覚えています。

PEG-T400の正面

本体色はブラックのほかにシルバーがあります。

ソニーが誇るジョグダイヤル

T400のジョグダイヤル

左横にはSONY製品のシンボルとも言えるジョグダイヤルが装備されています。このバックボタン付きのジョグダイヤルはこのTシリーズのものが一番操作性が優れているようにも感じます。

CLIEの終盤のモデルになってくるとこのジョグダイヤルの配置に様々な思考が凝られれていますが、いささか迷走しているといった印象を受けた記憶があります。

メモリースティックスロット

メモリースティックスロットと赤外線ポート

ソニー製品におなじみのメモリースティックスロットはT400にも当然搭載されています。

本体上部のスロットの隣にあるのは赤外線ポートになります。

またその他の大きな特徴として、Tシリーズではクレイドル置く際や充電するときの接続インターフェイスがこれまでのものと違い形状が変更になっています。

仕様

CLIE_T400の主なスペックは次の通りです。

  • OS:Palm OS 4.1日本語版
  • CPU:Dragonball VZ-33MHz
  • 大きさ:タテ118(mm)×ヨコ71.8(mm)×厚さ9.9(mm)
  • 重量:122(g)
  • メモリー:8MB(RAM)/8MB(ROM)
  • 電源:リチウムポリマーバッテリー

モノクロ液晶搭載のT400は同じシリーズのカラーモデルだったT600に比べバッテリーの持続時間が長いというメリットがあります。

なお、カラーモデルのT600Cは12.5mmと数ミリ厚みが増すデザインでした。当時の雑誌などの紹介記事には、T400の9.9mmの厚さを「1cmを切る薄さ」と讃えていました。

このT400(T600C)は輪郭だけを見れば少し前のスマホの大きさと変わりないような感じがします。

T400の使用感

薄型でスタイリッシュなT400は兄弟機のカラー液晶モデルのT600Cとならんで、まさに手のひらに収まるモバイルデバイスとして握りやすい形でもありました。

唯一これさえなければと個人的に気になったのが、Tシリーズのアルミボディにサンドブラスト処理を施したような触り心地が苦手でした。
スベスベでもツルツルでもない独特の仕上げ感が冬の寒い時期には金属の冷たさと合わさり不快だったのを覚えています。

気になったのは、その触り心地くらいでPalmデバイスとしての完成度は完ぺきだったと言えます。

PEG-T400、T600Cの完成度

T400よりも後に登場するCLIEはカメラ機能や描画機能などのクオリティーに拘り過ぎてビジネス用途の域を完全に超えていました。

当時のガサばるノートPCの代わりに必要な情報だけを持ち歩く上では充分な性能を持っていたCLIE_T400は今でもメモ帳代わりに持ち歩きたいデバイスの一つです。

レビューなどでもあまり見かけない意見であるとは思いますが、このモノクロ液晶の画面は目に刺激が少なく当時の雑なカラー液晶よりも視認性が格段に良く感じました。

この時代にモバイル機器の多くがカラー表示に移行していく中で、わざわざ白黒表示が見やすくて良いなどという評価を広めること自体がナンセンスだったことでしょう。

いずれにしても、PalmOSを搭載したPDAを持ち歩くメリットを十二分に享受できるハンドヘルドマシンとしてT400はとても優秀な製品だったと言えます。

シルバーボディーのCLIE【PEG-N600C】

日本を代表する電機メーカーであるソニーからCLIEの2代目モデルとしてN700Cが登場しましたが、それにやや遅れて発売されたのがPEG-N600Cです。

遅れて登場したN600Cは同じカラーモデルでありながらN700Cに対してはモデルチェンジ版ではなく音楽機能が省かれた廉価版といった存在でした。

PEG-N600Cの特徴

N600Cにも当然ジョグダイヤルが装備されていましたが、このシリーズからBACKボタンが追加され、ひとつ前のアクションに戻る操作が可能になりました。

PEG-N600Cの画像

ボディカラーのシルバーは、この時代に各社から販売されたノートPCにも良く使用されていた色だったと記憶しています。

もちろん今でもシルバーは小型の電子機器には無難な色として採用されることがありますが、当時のザウルスやWindowsCE機にとっても一般的な色でした。

仕様

主なスペックは次の通りです。

  • OS:PalmOS4.0日本語版
  • CPU:Dragonball_VZ(33MHz)
  • 大きさ:タテ118.5(mm)×71ヨコ(mm)×厚さ16.8(mm)
  • 重量:160(g)
  • メモリー:8MB(RAM)/8MB(ROM)
  • 電源:リチウムポリマーバッテリー

ACアダプタと電源コネクタの形状は初代モデルのS500Cと同じものでしたがクレードルは互換性がない形状です。

クリエN600Cの使用感

SONYのCLIEにもN600Cの後に出されたモデルに厚みを抑えた機種が存在します。

ただ、Palmデバイスの多くがそうであるようにこのN600Cも充分手になじむサイズ感です。

S500Cで気になったカラー液晶の視認性については、このモデルでかなり改善され電源ボタンの長押しがなくても使用時は常時点灯する仕様になっています。ただし、その後のCLIEのラインナップを見るとこの機種もまだまだ発展途上だったことが否定できません。

音楽機能が省かれていたことについて、廉価版だとかビジネスモデルといった言われ方をしていますが、むしろPalmデバイスもつ本来の目的からすれば、むしろ正統派な存在であるとも言えるでしょう。

薄型Palmデバイスm500

Palm_m500が発売されたのは2001年で、もうだいぶ昔の話になってしまいました。当時m500は、リチウムポリマーバッテリーを搭載したことにより従来モデルに比べ薄型のスタイリッシュな本体デザインを実現しました。

OSがバージョンアップされたほかSDメモリーカードが使用可能になるなどの新たな機能が追加されユーザーにとっても魅力的なハンドヘルドマシンとしてデビューを果たしています。

m500の特徴

グレーのケースに黒のカバーが付属するm500のデザインは落ち着いた質感を漂わせています。

m500の画像

m100シリーズとも異なる他に類を見ないこの形状は、画像では分かりにくいクールでスマートな印象がありました。

IT雑誌などの掲載写真を見るより実物のほうがカッコよく見えます。

当時、WindowsCE機の多くがCFメモリを外部記憶メモリとして採用していたのにくらべ、m500が採用するSDメモリーカードは斬新で最先端のモバイルデバイスの象徴であるかのように感じられたものです。

ただし、当初ささやかれていたSDカード型の無線デバイスが、サードパーティーからもなかなか開発されなかったのにガッカリさせられたのを覚えています。

仕様

主なスペックは次の通りです。

  • OS:PalmOS4.0日本語版
  • CPU:Dragonball_VZ(33Mz)
  • 大きさ:タテ114(mm)×ヨコ79(mm)×厚さ10(mm)
  • 重量:113(g)
  • メモリー:8MB(RAM)/4MB(ROM)
  • 電源:リチウムポリマーバッテリー

同じ時期に発売されたカラーモデルのm505は本体の厚みが13mmでモノクロモデルのm500のほうが3mm薄い構造でした。

m500の使用感

CLIEとの比較になりますが初期モデルからジョグダイヤルを搭載して発売されたCLIEに対して本家と言われたPalmから発売されたm500シリーズには同じような操作システムがありません。

m500に限らず他のPalmデバイスでもメニューアイコンを選択するのにもスタイラスを取り出す操作が必要なのは少し不便に感じたのは事実です。

m500を手に持った感じは全体をホールドできるイメージです。m100シリーズよりコンパクトに仕上がったサイズは日本人の手にも馴染むものでした。

標準で付属していた画面を覆うカバーは現在(2018年投稿時)スマホケースと して主流となっている見開き式の手帳型のケースに似ていてm500はその先駆け的存在ではないかと思うほどです。

それに比べサイズ感のほうは大きすぎる最新式のスマホとは全く異なり、上着やシャツの胸ポケットにも違和感なく収めることができるサイズです。

モノクロモデルの特徴である視認性の良さと、このコンパクトでスタイリッシュなデザインは他社から発売されていたPalmデバイスと比較しても群を抜いている感があり自分としては一番のお気に入り機種です。

残念ながら今ではスマホさえあれば持ち歩く必要がないm500ですが、手になじむ絶好のスタイルであることは間違いありません。