PDAという至高のガジェット

スマホが世に広がる少し前、手のひらへ収まるガジェットの主役はPDAでした。

palmOSをはじめWindowsCE、Linuxなどの様々OSを搭載した機種が各メ ーカーから発売され、専門の雑誌なども発売されるほどだったPDA。

当サイトでは、その華々しかったPDA全盛期の記録を現代に振り返り実機種の画像などを交えWebで訪れるPDA博物館として公開をします。

PDAという情報端末

PDAが登場するまでは、持ち運びが可能な情報端末はノートパソコンだけでした。

当時のノートPCも軽量化モデルが存在していましたが、バッテリーの持続時間が少なかったことや何よりノートパソコンが今より高価で、ビジネス用とでも気軽に持ち運べる物ではなかっったと記憶しています。

PEG-NX73V

SONY製のPEG-NX73V

そんななか、コンパクトな筐体と低価格を武器に市場にあらわれたPDAという情報端末は人々の興味を惹くものでした。

手のひらマシンとしての座はスマホによって奪われた

パソコンを持ち歩く代わりに手のひらに収まる小さなPDAを持ち歩けることに利便性を実感された方は、まあまあいらっしゃったと言う程度だったかも知れません。

ただ、それに目を付けた人にとってPDAはとても便利でスタイリッシュなものだったことでしょう。

パソコンほど処理能力はありませんが、スケジュール管理やメモ帳、アドレス帳をメインとした機能のほかに多くのアプリケーションが存在しました。

iPhoneとSONY_UX50

そんな、時代を象徴するモバイルデバイスだったPDAはスマホの登場により市場を奪われることになります。

当初、キーボード搭載のスマートフォンが海外で販売されだした頃、PDAとスマホは市場でまだまだ共存できそうなほどでした。

ところが、アップル社のiPhoneの登場によりPDAは一気に市場の縮小を迫られることになります。

家電店からPDAが一瞬にして消えてしまったと感じたのを覚えています。

目的に特化した端末としての完成度は申し分なし

今でも数は少ないですが、電話はガラケーでネットやスケジュール管理はタブレットまたは薄型ノートを使うという方がいらっしゃいます。

ユーザー目線で語るなら携帯電話と融合する必要は皆無だったとも言えます。

小さなパソコンを耳に当てて通話をするというのはいかがなものかという話なのですが、それをどうこう言うより時代の流れに素直になり、スマホの高性能なカメラや数多く用意されたアプリを利用することで得られるメリットは多大なるものです。

こうして、いつのまにかPDAはその存在を忘れ去られ現在に至ることになりましたが、当時の技術は現在のスマホ技術にも充分貢献してくれたことでしょう。

こうした時代の成果を労い、電話という余計な縛りにも似た通信手段を持たない真の情報端末をもう一度振り返ってみましょう。

ポケロボ専用モデムVR-50MD

以前、記事に書いたパチンコ専用端末のポケロボVR-50MⅡにはデータロボでの台情報収集の他に自宅にいながらデータを受信する専用モデムが存在しました。

この専用モデムを使えば自宅で事前に台情報をチェックしてからパチンコ店へ出かけることが可能というわけです。

DATA_MODEM VR-50MD

ポケロボのデータを遠隔で受信できるDATA MODEM_VR-50MDはVR-50MⅡと同じダイコク電機製で大きさもポケロボとそれほど変わらないサイズです。

VR-50MDの本体

VR-50MDの本体上には中央に「通信開始」と書かれたボタンがあります。

データモデムの本体裏

本体の裏には単3電池が4本入るスペースがあります。

長期間放置していましたが幸いなことに液漏れがありませんでした。

VR-50MD正面

正面には各種の表示ランプ、POKEROBO_VR-50MⅡとのデータ送受信用に用いる赤外線ポートが配置されています。

ポケロボVR-50MⅡについてはこちら
パチンコ専用端末ポケロボ【VR-50MⅡ:ダイコク電機】

自宅でデータ通信を可能にした機器

VR-50MDの背面

VR-50MDの背面には、普通のモデムと同じくモジュラージャックを備えています。
他にはACジャックと設定スイッチと電源スイッチが配置されています。

私自身、こうした情報端末に興味はあっても、実際にポケロボやモデムを使いパチンコ店へ熱心に足を運んだ記憶があまりありません。

この頃、既にたばこをすう習慣もなかったので自分にとってパチンコ店が劣悪な環境だったことは確かです。

そうは言ってもVR-50MDを含めポケロボ本体も、当時パチンコの景品として交換したものでしたので、こうした機器を駆使すれば出玉がゴッソリなどということを企んでいたことは確かなようです。

社外製スタイラスペン【POILOT_Pentopia】

PDAが家電店などで販売されていた頃、PDAの商品コーナーには周辺機器や汎用ケースなどと一緒に売られていたものにスタイラスペンがあります。

スタイラス単体のものやボールペンと一体になったものなども存在していました。

パイロット社のアルミ製スタイラス

当時、PDA用のスタイラスペンは複数のメーカーから出ていたと記憶しています。

PAILOT_Pentopiaの黒

画像の黒のスタイラスはPILOT社から販売されていたもので、本体には小さく「Pentopia」と書かれています。

スプリング内蔵のペン先

オレンジのペン先

このPILOTのスタイラスはペン先がオレンジ色。

本体に沈み込んだペン先

実はこのペン先部分は本体に内蔵されたスプリングによって、圧力がかかりすぎると本体側に沈み込むように出来ています。

汎用で使えるスタイラス

静電式のタッチパネルが主流になる前は、感圧式の液晶パネルはPDA以外のデジタル機器へ多く採用されていました。

こうしたスタイラスペンもPDA専用というよりは、それらの感圧式の液晶パネルを搭載した端末へ利用が可能なものです。

実際に商品パッケージにPDA用と記載されていたかどうかは今となっては分かりませんが、この小さめのサイズからしてPDAを意識したデザインではあるようです。

こうしたペンにたよらずパネルへ指で直接操作できるのは静電式の最大のメリットですので、こうしたスタイラスペン単体での販売というのはこの先あまりなく、珍しいものになりつつあるのかもしれません。

本体に液晶とキーボードを配置したCLIE_PEG-TG50

数多くのモデルを世に送り込んだCLIEの中でも特にハードウェアキーボードを意識した設計と思われるのがこのPEG-TG50です。

キーボード搭載CLIEの中では最薄だったと記憶しています。

スリムなケースへキーボードを搭載したTG50

キーボード搭載クリエの多くは折り畳み式のスタイルであり、回転が可能な液晶パネルは独立していて本体側にキーボードを配置しています。

カバーを開いた状態のTG50

それらとは異なり折り畳み機構を持たず、あえて液晶サイズを押さえ本体にキーボードを組み込んだモデルがTG-50でした。

TG50正面

正面から見たTG50

カバーを閉じたTG50

カバーを閉じた状態

本体の上部には各種のLEDランプが格好良く並んでいます。

TG50右側面

右側面はストラップホールとスタイラスペン

TG50左側面

ジョグダイヤルや電源スイッチが配置された左側面

本体の左側にはジョグダイヤルとバックボタン、スライド式の電源ボタンなどが配置されています。

TG50裏面

本体裏にはスピーカーが埋め込まれ、中央付近にはMAGICGATEの文字。

本体下コネクタ部分

本体下にはクリエ共通のHotSync用のインターフェイスコネクタがあります。

アルミ製のカバーの表面は粗めの削りだしのようなデザインですが、このカバーを閉じたときの見た目が高級感を演出していてTG50がビジネス向けのモデルであったことを強調しています。

PEG-TG50の仕様

TG-50の主なスペックは次の通り。

  • OS:PalmOS5.0日本語版
  • CPU:XScalePXA250(200MHz)
  • 大きさ:タテ126(mm)×ヨコ71.6(mm)×厚さ16.2(mm)
  • 重量:184(g)
  • メモリー:16MB(RAM)/16MB(ROM)
  • 電源:リチウムイオンポリマーバッテリー

CPUにはNZ90と同じXScalePXA250が採用されているようです。NX73のPXA263とは型番が異なりますが動作周波数は同じ200MHzでした。

なお、カメラ搭載機のNX73はROMが32MBとTG50の倍積まれています。

Bluetooth搭載

PEG-TG50にはBluetooth機能が搭載されているのが大きな売りでした。

TG50の上部

TG50の上部にはメモリースティックスロットの横に、大きなBluetooth用ランプがあります。
今となってはやや大げさな仕様ですね。

当時、個人的にはWifi機能の方を付けて欲しかったと思っていましたが、この世代ではまだ無線LANを本体には内蔵できていません。

Bluetoothを搭載に外部端末との通信機能を強化したことは、TG50がクリエの中でもエンターテイメントよりビジネスを重視した仕様であったと言えるでしょう。

キーボードあり薄型クリエの使用感

このTG50が登場したときに思ったのが、これだけ操作ボタンが多ければスタイラスなしで仕様が可能ではないかということでした。

実際には、文字入力の際のカーソル位置の指定などどうしてもスタイラスが必要になる場面があったのが正直なところですが、Palm端末自体がスタイラス依存の高い機器だったので仕方ありません。

時代はまだガラケーが主流だったころですし、いずれにしろキーボードの操作感を望むユーザーにとってはありがたいモデルであったことでしょう。

そして、キーボードに限らず多くのハードウェアボタンを搭載している点ではTG50はクリエの中でも独自色の強いモデルであったと言えます。